« May 2005 | Main | July 2005 »

June 13, 2005

應竜来来 vol.2

應龍二勝目。今回の討伐時間は49分29秒でした。
ドロップはこちら。

1118572042_2

これで昆吾石が合計で6個になりましたので、暗黒騎士専用装備の胴装備ブラストロンに挑戦する予定です。今のところ当サーバーには履歴は見あたりません。暗黒さん曰く胴より他の部位ほうが・・らしいですが、やっぱり胴から作りたいヨ!(笑)

9,345侍
6,689黒魔道士
6,352黒魔道士
6,278竜騎士
5,189黒魔道士

これは上位5人の総与ダメージ(除:召喚獣の履行、この戦闘は召1)。
総じて真龍戦の竜騎士さんというは結構面白い存在でして、このOuryuも初参戦でしたが次回はもっとダメージは出せる。との事で次回さらに期待デス。黒さんに関しては他にもいろいろ仕事があるので、Ouryuへの攻撃のみに注力するわけにもいかないわけですが、侍の真龍適性というのはホントに高いですね。竜騎士の大車輪もそうですが、防御無視WSの効果の高さをまざまざと感じさせてくれるRepでした。

__累計 __平均[最大/最小]
_28843 _153.4[_262/___0]
_16390 _169.0[_378/__80]
_16601 _146.9[_326/__77]

ナイト持ちのブログらしく被ダメージのRepも一応アップ!
この3人は装備がほとんど同じなんですが、飛行時と地上時でダメージの大きさが若干違うので、タゲをとっているタイミングによってこのくらいの差は出てしまうのかも。
全体的にはFafnirよりちょっと痛いくらいです(Fafnirは平均130前後)。三真龍は平均値がゆうに200を超える事から、真龍的には應龍くんはFafnirくんの1つ上のお兄ちゃんってところでしょうか(笑)

まぁ、BCですし当然良編成、優位なジョブというものはありますが、この「應竜来来」に関してはBCエリア内に雑魚を配置している事もなんかもあり、いろいろと物議を醸し出しやすい物理アタッカーに関しても比較的融通が利くBCになっていると思います。とにかく戦闘として凄く面白いですね。
ただ難易度はやっぱり高く、FafnirやTiamatといった真龍タイプとの戦闘に慣れていないと勝つのは難しいというか、ほぼ不可能に近く、いわゆるHNMといったたぐいのLSでないと討伐は難しいというのは否めません。でもアライアンスというゲームの仕様である18人想定の敵という意味で、私は今ヴァナディールで最も”手強くて面白い戦闘”だと思います。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

June 05, 2005

ヴリトラヴァンクィシャー

昨晩からアクセスが上がっているようですが・・・(*'-')

20050604234456

と、いうことで。ようやくUnicornサーバーのVrtraも鎮みました。
ただ、「ついにやった!」という爽快感はほとんど無く、恐ろしく大変な事前準備と、討伐に過度のオーバーアライアンスを想定していると思われる敵の性質にゲームの仕様というバランスの上で納得がいかないという思いが先立ちました。倒せたこと自体は嬉しいですが、ユーザーはこんな敵を望んでいないと思います。はい。

事前準備を超がんばった人、当日大人数に説明して仕切った人、そして戦闘でがんばったみんな。全員がすげー大変な思いをしてたと思います。戦術的には今後グっと煮詰まって、徐々に楽にはなっていくでしょう。安定して倒されているサーバーもあるようですが、どこまでいろいろな要素を絞り込めるんだろ・・・。事前準備と人材確保が討伐要因の8割以上を占めるといっても過言ではなさそうな敵ですから、どこまでがんばっても労苦の敵であることにはかわりなさそうですけどね。

ま、とにかくみんなよくやった!
そして大人数だけれども一握りの人しか味わえない経験をさせてくれたみんなにやっぱり感謝です。thx!

20050604234752

ドロップはこちら。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

June 02, 2005

トレアドールケープとチュトラリー

■トレアドールケープのみ装備
80回被ダメージ中:被クリティカル40回

■トレアドールケープ+チュトラリー装備
87回被ダメージ中:被クリティカル55回

試行回数が少ないですが、トレアドールケープの隠し性能である被クリティカルヒットアップは、チュトラリー装備では消えたり、軽減される事はない。ということが言えそうです。もう少し放置して正確に検証しようかとも思ったんですけど、あまりの痛々しさに辞めてしまいましたよ(´;ω;`)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »