« November 2005 | Main | January 2006 »

December 25, 2005

帝龍降臨Vol.1

メリークリスマス(*'-')

23日にBahamutBC「帝龍降臨」に挑戦してきました。
ちょっとしたトラブルがありまして、17人での突撃となりましたが、そのおかげでこのBCに挑戦できるフラグがわかりました。

[18人BC:帝龍降臨]
1.應龍来来の戦利品「帝龍の玉」がトリガーである
2.入場資格はクエスト「日輪を担いて」をコンプリートしていること

2の条件ですが、Bahamutを倒してだいじなもの「竜王の息吹」を所持しているだけではダメです。必ずルルデの庭に戻ってクエストをコンプリートしている事がBC「帝龍降臨」への入場資格となります。今回これで1名BCに入場が出来ず…。

さて、本戦。
17人で突撃とはなりましたが、一部で勝利報告(戦利品SS)がある以外は殆ど情報がなく、編成、戦略ともある程度の想定の中でやりました。Bahamut以外に出てくる真龍の撃破を最重要視する作戦ではあったのですが…。

Baha000
Bahamutをここまで削ったあたりでセリフとともにTiamat登場。

Baha001

私自身Bahamutを担当していたので、このTiamatがどの程度の強さだったのかイマイチわかっていないのですが、HPだけは少ないものの、真龍の破壊力は健在とのこと。Bahamutのキープもかなりキツい状況でしたがTiamatは何とか撃破。

その後Bahamutを削れど削れど次の真龍が出て来ず、時間ばかりがすぎていく…。
範囲が超ド級に強烈で、なんとなくジリ貧のところに…

Baha002
Jormungand登場。
ご覧の通り、私もBahamutのフレアIIが直撃して衰弱中だったのですが、かなりしんどいタイミングに登場してしまったこともあり、、そのまま全滅敗北。

編成、戦略ともかなり”想定外”ではあったので、次はかなりイイ線いけるのではないかとは思いますが、かなり手ごたえのあるBCに挑戦者一同満足していたと思います。先の應龍来来の実装時に感じた「18人BC最高っ!」の感じ再び。
何とかリベンジして「ウィルムアストニシャー」の称号を手に入れたいデス。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 19, 2005

真龍の王Bahamut

先のパッチで真龍の王Bahamutと戦えるクエストが追加されました。

「Bahamutと闘わずしてファイナルファンタジーをPlayしているとは言えん!」と、勝手に盛り上がって、Bahamutと闘うべく率先指揮してLSメンを集結。やっぱり18人縛りというのが私の動員能力にもピッタリだし、戦術を考えるのも一番楽しいと思う。ましてLSメンに多ジョブ持ちが多くて、指揮官としてはもうなんていうか、シュミレーションゲームさながら。PCをまるで駒のように…( ゜д゜)

まずはプロマシアミッションをコンプリートしている事が発生条件らしいクエスト「日輪を担いて」をルルデの庭でオファー。この段階で既に「あんまり強くないらしい」というガッカリ噂が流れてきていたのですが、ちゃかちゃか人を集めて17人でリヴェーヌ岩塊群サイトB01から帝龍の飛泉へ。やるどっ!

Bahamut_Giga
じゅど~~~~ん

と、まぁ危なっかしい場面もありましたがなんとか撃破。
んー。噂通り「アレ?」っていう感じは否めません。”真龍の王”はいずこ…

何となく続きがありそうな気配は薄々感じつつ、次なる噂「帝龍の玉」なるアイテムを求めて、早速後日「應龍来来」に。なんとなく使わないで残しておいた祈雨石が役に立つときがきました。LSメンにもう一人持っていたので2戦。私自身久々の應龍戦。ここもちゃかちゃかと18人集めてLet'sGO。結果はサックリ2連勝…

Ouryy_Drop1217
デター。
っていうか2戦して2個でたので100%っぽい(´・ω・`)

こうして「帝龍の玉」を2個確保することが出来ました。
どうやら真・Bahamutと闘う為には

1.クエスト「日輪を担いて」にてBahamutを倒し「龍王の息吹(だいじなもの)」を入手
2.ENMのドロップ品「祈雨石」を使って「應龍来来」に勝利し「帝龍の玉」を入手

この2つの条件が必要な模様。
あとは龍王の息吹を持っているメンバーで帝龍の玉を帝龍の飛泉にトレードすると真・Bahamutとの戦闘が出来るといわれる18人制限BC「帝龍降臨」に入ることが出来る。と。
何やらVrtraやJormungand、Tiamatも参戦してくるとの事ですが、そうこなくっちゃo(`ω´*)o

LSメンに龍王の息吹を持っている人が17人しかいないので、18人になってから挑戦予定デス。【楽しみ。】

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »