« 帝龍降臨リベンジ | Main | 被ダメージデータ »

February 11, 2006

帝龍降臨 vol.2

あくまでナイト視点なので、細かいところ、全体が実際どういう動きをしてくれたのかは判りませんが、参考にはなるとは思いますので、私たちの討伐記録を簡潔に。

[ジョブ・PT構成]
ナ(/戦),ナ(/忍),狩(/竜),白,赤(/暗),詩
黒,黒,黒,黒,白,赤(/暗)
ナ(/戦),モ(/竜),黒,黒,白,赤(/暗)

20060211_Bahamut02
通常攻撃は180~200、盾発動で50~60程度の被物理ダメージでした

ナ(/戦)がBahamutを固定、精霊、遠隔、気孔弾で本体を削っていく作戦。盾は暇さえあればアクアムスルムにバイルがぶ飲みです。アクアムスルムは60個飲みました。虫歯が出来そうです…。
予備盾には一応サポ忍のナイトさんを配置。沢山ケアルしてくれてましたが、結果的には出番はなしでした。
召喚された真龍は黒の精霊で瞬殺。Jormungand,Ouryu,Tiamat,Vrtraの順番で召喚されたようです。Jormungandに一番気を使っていたので、しょっぱな印ガで瞬殺出来たのはラッキーでした。連続魔スタンはJormungandとVrtraで使用、Tiamatのマイティストライクにはインビンジブルで対抗しました。
BahamutのHPが2割減るごとに真龍が呼び出されるということでしたので、それを意識しつつ、真龍討伐のほうはほとんどトラブルなくやれたようです。

全体としても、Bahamutの固定も最後テラフレア連発の時に一瞬はがれただけで(インビンジブルで即取り戻しましたが)、不安定になる場面はなかったと思います。フレア系のダメージも被魔法カット装備に守られ抑えられましたし、MAXHP1,889という数字にも助けられ、結果としては一度も死なずに済みました。最後のテラフレア連発は正直運の要素もあったと思いますが、6回中2回はスタンでとめたこと、あとは白魔道士さん3人のコンビネーションにも助けられましたかね。テラフレアの最低ダメージは998でした。微妙に4桁切りデスヨ!
ナイトの身を守るためにも、ホリブルロア後のプロテス+シェルを担当わけして速攻でかけなおすってのも大切なことだと思いました。

7,745狩人
7,511モンク
4,110ナイト
4,068黒魔道士
3,822黒魔道士
3,194黒魔道士
2,667黒魔道士
2,127黒魔道士
1,693黒魔道士

Bahamutへの与ダメージはこんな感じです。
黒さんは敵対心を意識しなくてはならず、さらには真龍にパワーを割くため全力投球は出来ませんが、サポを竜にした狩人とモンクが見事なダメージソースになっていることがわかります。サポ竜のジャンプ敵対心カットは偉大です。イージスバッシュもしっかりダメージ貢献できていてGJ!

あとはスタンとディスペルですね。赤魔道士さんはホントに忙しそうでした。
シェル5やプロテス5なんかがかかっていたんではたまったものじゃないのですが、ディスペルもなかなか入らなかったみたいで、果敢に声が飛び交っていました。

全てがうまい具合に、ほとんど想定の範囲内で動いていたので、結果としては案外とスムーズな戦闘になりましたが、何かトラブル(例えば盾が死ぬ)が起こった時の対処を考えると、やはりかなり手ごわいBCといえるでしょう。帝龍の玉がLSにあと2個あるようなので、また挑戦したいと思っています。バハムートスタッフ出てくれ~。

挑戦される方で何かご質問がありましたら、お気軽にコメント欄にどーぞ。

|

« 帝龍降臨リベンジ | Main | 被ダメージデータ »

Comments

イージスの性能を発揮できて素晴らしいと思いますが
サポ忍を試してはいかがでしょうか?

自分のLSでも今までケーニヒ主体のサポ戦
真空回しでやってきましたが、サポ忍の場合確実に
攻撃が回避でき、魔法まで回避できます。
ヘイトに不安がありそうですがダメージを受ける事に
よるヘイト減がないので固定力はサポ戦を超える事もあるのも
事実ですね

自分のLSではサポ忍で挑戦。バハ盾ナイトはプロエ2エリクサー2アクアム1Dで十分足ります
他後衛ほぼ薬品使用なし。
固定も終盤に1度タゲが動く程度ですぐ取り戻せますし
範囲攻撃多いバハムートでも被弾率17%程度で落ち着いてます

削りもヘイトさほど気にすることなく暗、黒で削ってます
イージスあればさらに楽になると思うのですがぜひ試して見て欲しいと思います

Posted by: | February 12, 2006 02:38 AM

アドバイスありがとうございます。

私の調べた範囲では、撃破報告の盾役は全てナイトサポ忍によるものでした。
結果としてどちらがイイか、という議論は、確かに私自身がサポ忍も試して、総被ダメージ等々を導き出して出すものだと思いますが、そういった比較よりも、今や”パラニン”という言葉までが流行っている状況を個人的には危惧しておりまして、ナイトのサポ戦士の優秀さと、”喰らう盾”ナイトの存在意義を改めて知らしめたかったというのも、私自身の気持ちとしてはありました。

とにかく全体として安定感抜群の戦闘でしたが、今後はもう少し幅広いジョブ構成で倒せるようにナイトのサポ忍も考慮して戦術を煮詰めていきたいと思います。

Posted by: ギャルソン | February 13, 2006 10:57 AM

いつも拝見させていただいています。
私も最近ブログを書き始めたのですが、Garconさんのブログを見てSSが凄い綺麗だと思うんですけど、
普通に/namesで名前消して、スクロールロックして、プリントスクリーンで撮っているだけなのでしょうか?
私は上記の方法で撮ってブログに使ってるんですが、グラボが悪いのか、ディスプレイが悪いのか画像の綺麗さが全然違います・・

Posted by: O | February 13, 2006 06:09 PM

とある掲示板から飛んできたものですが
カテゴリー「ダビスタ」の欄を見ていてふと思ったのですが・・・

その昔ニフティのFH-GAMEで活動していたことはありませんか?
まったく同じハンドルネームを使っていた人を知っているもので。

まったくの人違いでしたら申し訳ございません。

Posted by: A | February 14, 2006 03:17 AM

Oさん

ちょうど画像については最近いろいろ研究中でして、ここにjpg形式からpng形式で掲載し始めたのもイージス取得くらいからですね。あとは、最近メイン機を変えたのも影響してますね。画質自体も確かにあがっています。
SSには特段珍しくもないであろうフリーのソフトを使用していますので、プリントスクリーン(つまり画面キャプチャ)ではないです。vectorとかにいけば普通にあるもので良さそうなものをチョイスすると良いかと思われます(BMPではき出してくれるモノがやっぱり綺麗かな…)。

どこだったかな、、私もどこかのブログのSSが綺麗で参考にしたんですが、ちょっと今アドレス失念…、参考にならなくて申し訳ない…。

Aさん

おぉ・・?FHGAMEからお客様がいらっしゃるとは!
ええ、私はPS版ダビスタのトレプチェットの馬主です。で判るかな…、いずれにしても同じ人物とみて間違いないでしょう(´▽`)
ちなみにFHGAMEで知り合った仲間はFF11には結構いますヨ。”鉄人”とも言われた著名なあの方々も同じサーバで活動しています。
あとは・・そっち系の方は「Mixi」に多く在席していますね、SNSってNiftySeveと同じニオイがしますし(笑)、もしMixiやっておられたら検索してみるとすぐ見つかると思われます。

Posted by: ギャルソン | February 14, 2006 11:19 AM

おおw やはりあのギャルソンさんでしたか!
ブライアンズタイム産駆のトレプチェットでしたっけ?よく覚えておりますw

自分はPS版ではたいした馬を持てず、途中からダビスタの世界からはフェードアウトして
しまったのでギャルソンさんは覚えていないと思いますが実は隠神のメンバーだったりします。
名前は・・・今の名前とよく似たものを名乗っていたと思いますw

>>”鉄人”とも言われた著名なあの方々も同じサーバで活動しています。

複数形!?
ということは横井さん以外にもいらっしゃるのですね・・・・恐ろしや(;´Д`)
爺さんやセ○キチさんですかね?

自分はパン鯖ゆえお目にかかれないのが惜しい限りですが^^


>>もしMixiやっておられたら検索してみるとすぐ見つかると思われます。

う~w
ちょっとこちらの方はわからないです(ノ∀`)

にしてもニフティ時代の人が同じくFFやっているとは結構うれしいですな~
同じ鯖なら思わず思い出話に花が咲きそうで・・・・w

鯖は違いますがギャルソンさんのご活躍を祝って
ではでは(^^)/^^^ ←これFHGAMEっぽくないです?w

Posted by: A改めてAstel | February 14, 2006 07:23 PM

隠神の脅威がここまできてるとはびっくりました(;゜ロ゜)

手短かながら、また。

/e

Posted by: どんぱぱ | February 14, 2006 11:09 PM

 初めまして他鯖でプレイしてる内藤です

 前々からお聞きしたかったのですがフルケーニヒより
 箇所によってはホマムやAF2で敵対心ブーストしたほうが
 より固定力ますんじゃないでしょうか?
 
 ケーニヒ胴+守り+イージスあれば硬さは
 十分あるように思えます

 イージスあるので頭はエーギャスやバハムートマスク
 という敵対心装備以外にケーニヒ頭を選択肢として
 チョイス出来るのは大変うらやましく思います!
 
 ですが真空回しの相手やマラソン相手の敵で
 フルケーニヒって? な疑問を持ってしまいます・・・
 
 以上ぶしつけな質問で申し訳ないです

 以下自分の内藤装備と既出すぎな当たり前な事
 いってんじゃね~的な意見を記載させてください 
 
 ちなみに自分はイージスは当然所持していません!
 ティアマットはサポ戦でヨルムンはサポ忍でやるんですが
 ケーニヒで使う部分はケーニヒ足のみで他はAF2です。

 AF2の改も全部鍛えようと貨幣は揃えておきましたが
 いかんせん肝心のやつが裏で落としません・・・;;
 まだ見たこともないですナイトのやつ・・・ヴァラーマントは
 裏バルクルムで出ましたがロット負けしました
 
 脚は以前までAF2だったんですがホマム脚をゲット
 できたのでサポ忍内藤の時これ択一にしようかと
 
 ↓その他要所はこんな感じです↓
 盾はカイザー (ヨルムンやティアは飛行時だけ盾装備)
 耳はロケイシャスorピジョン+1&冥王+1
 指はシャドウorサットヴァorボムQ &守り
 背はギガマンですがヴァラーが目標です
 
 メリポは敵対心MAX かばうMAX etcです
 
 話は前後しますが真空や空蝉に守られた戦いを強いられる HNM戦ですので、敵対心の高さに異常に執着しています

 HPは高い種族です・・・一応内緒にさせてください。
 ですので、ケーニヒ胴は実戦ではもう使用してない状況です

 当然ティアやヨルムンのように長期戦を強いられる相手に
 どっちがよいかと思いAF2とケーニヒ重視装備の通しで
 やったことはありますが、かばうの恩恵があるのと
 物理対策のサポ忍や真空依存ということもあり、 
 敵対心重視のがより安定した戦いをすることが出来ました。
 やはり見た目はかっこ悪くなりますけどね
 
 最後にバハムートにサポ戦はギャルソンさんのスペックならでは
 と思いました!死にそうにない(汗)
 

 

Posted by: 通りすがりの内藤 | February 20, 2006 12:00 AM

確かにナイトの昔の特徴である固さってのを強調したくて
フルケーニヒってのは魅力あるものでしたが
度重なる調整で今のナイトの魅力は固さよりタゲ取り能力の
高さになってしまいましたしね。

恐らくHNM戦でも被ダメージの少なさではダメージカット忍者に負けると思われます。
ナイトもサポ忍にすることでダメージをかなり減らせる上に
ケアルでヘイトUPが重要なHNMではかなり相性いいですね

空蝉の特徴として
・ダメージを受ける事によるヘイト減をかなり抑えれる
・単体魔法・一部範囲攻撃を回避できる
・敵自身の通常攻撃によるTP貯まりがないのでWS回数減少

ほとんどメリットしかないので現状使わざるをえないと思います。サポ戦が有効な場面は通常被弾が多くヘイトが抜けまくるNMぐらいだと思います。現状ティアマット・オウリュウ・ルモリアの一部NMぐらいでしょうか

サポ忍を有効に使うには真空以上に周りの強力が必要で
ヘイスト・マーチが必須。(空蝉リキャストもありますがフラッシュを挑発代わりに使うため)
1つ1つの積み重ねの行動が大きいので敵対心装備重要。
(フラッシュ・ケアル・空蝉の術etc。どれもヘイト高いので)
被弾をとにかく減らす程ヘイトが高いのでスロウ系・スタン等補助がより必要で仲間との連帯感が感じられるので戦闘的にもかなり面白いです

サポ忍は確かにLV上げ・メリポでは劣化忍者でしかありませんが、ダメージでヘイトが稼ぎにくく回避も期待できないHNMでは逆に攻撃をかなり回避できる上にヒーラーまでこなせる素晴らしい盾になるのでぜひ試して欲しいです(アラ全体の強力あってこそですが)

HNMでの忍者盾も色々と試しましたがファヴやティアマットも
ケアル使えなくてもかなり高ヘイト維持できて普通にやれちゃいますね。バハムートも恐らくやれると思います
実際自LSでは戦力として忍者盾をHNMで採用しています
自分の被ダメージという点ではどんなに固い装備しても忍者をHNMでも上回るのは厳しいと思います

Posted by: パラニン | February 20, 2006 04:39 AM

通りすがりの内藤さん
パラニンさん

非常に有益なコメントありがとうございます。
高いレベルでのナイトの仕事に関するお話が聞けて非常に興味深く読ませて頂きました。
察するにナイトとしてかなりの強敵討伐経験を積んだ方とお見受けします。こういうコメントはホント嬉しいですなぁ~。できることなら実際お会いして熱くお話したい!

個別に熱くご返答したいのですが、あまりジョブについて名言するのが好きではありませんで、特に種族や装備品に関しては差別的な状況にもなりえるので、申し訳ないのですが割愛させてください。お二人のご意見を読んで、とにかく。なるほどなるほど…と。
ただ、1点。敵対心の感覚に関してかなり意識が違うな…と思いました。これこそサポ忍とサポ戦のポイントかもしれません。特に装備品における私の考え方はHP上昇装備>敵対心上昇装備で、実際ほとんど敵対心を上昇させる装備をしていませんし、キャラ表示が消える事を嫌い装備変更もあえてしていません。このBahamut戦も敵対心+0でした。メリットポイントくらいは振りたいには振りたいのですが、どうしても他を優先させてしまう…(最近は被クリティカルヒットを一気に上げきりました)。

パラニンさんのおっしゃる通り、ナイトは他の協力なくして仕事の出来ないジョブ。サポ戦にしてもサポ忍にしても当然他の協力が必要になります。それは魔法等をかけてもらうことだけにとどまらず、盾役の敵対心を肌に感じながらターゲットをとらないように仕事をしてくれている後衛陣にもいえることですね。
確かに「護りに徹した」ナイトのサポ忍には興味があるのですが、ことのほか真龍といった強敵は「団体としての戦術」で倒しているなかで、重要な要素の1つである盾役の敵対心への影響要素を変えるというのはちょっとした英断、チャレンジですな…。現状サポ戦での戦闘に慣れすぎ、主立った問題がないので、更なる戦術の向上として個人的にはやってみたい気はするものの、いかんせん大人数の戦闘ですから悠長に”お試し”している場合じゃないという状況も。。

いずれにせよコメント頂いて1つ思ったのは他LSの討伐戦術を見たい。ということですね。何より自分の心を動かしてくれるような「空蝉盾戦術が安定確立している優れた戦術」を見たことがない…。
サーバー内では最も真龍を倒している団体に所属しており、それなりに安定した戦術が確立出来ているとは思うのですが、どんなに自負しても井の中の蛙感はありますからね…。何とか見ること(または見せること)が出来ないかなぁ…。

お二人に質問なのですが、総被ダメージを計算出来る環境を持っていないでしょうか?実際被ダメージの差ってどうなの?ってのもちょっと気になるところ。参考までに私のサポ戦時のデータを次エントリにて掲載しておきますので、比較的出来るようでしたら是非。。討伐時間や参加人数の兼ね合いもあるので、あくまで参考までではありますが。

Posted by: ギャルソン | February 20, 2006 02:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 帝龍降臨 vol.2:

« 帝龍降臨リベンジ | Main | 被ダメージデータ »