« March 2006 | Main | May 2006 »

April 27, 2006

二等兵アサルト

アサルトがなかなか面白いですね。
ようやく一等兵に昇格できましたので、二等兵アサルトの当方なりの攻略法をご紹介しておきます。全て無制限6人で行いました。参考にしてくださいまし。

■ルジャワン掃討作戦
ただのミミズ殲滅です。リンク必至な場所があるので、寝かせ要員が居た方が楽でしょう。ミミズ個体の強さも丁度~おなつよ程度です。

■黄金の遺産収集作戦
ちょっと運の要素が強いアサルトですね。箱あけをしてアタリなら終わり。ハズレならミミック。
道中にいる魚はインスニ見破りですが、避けられると思います。体力が多く時間を多くとられるので、魚には絶対からまれないように注意したほうがいいでしょう。

■土竜作戦
現状、運の要素が強く、二等兵アサルトではもっとも難易度が高いです。
岩を破壊する方法は3つ。ダメージを与えて壊す・キキルンマインを使用する・ボムの自爆を利用する。ボムの自爆に関しては現在不確定要素が多く、いろいろと情報をもとにやってみたのですが、当方もうまくいきませんでした。これが確定すれば逆に楽なアサルトになるかもしれません。

まず入ってすぐに岩があります。ボムが2匹ほどいるのですが、自爆利用を失敗したためにダメージで壊すことに。自爆で1人死んでしまったこともあり、かなり時間がかかりました(10分くらいかかってしまった)。戦士で通常2~4程度、シーフがブラオドルヒで0~1といったダメージ。この岩はアビ全開で壊すのがいいでしょう。
ボムはインビジで避け、キキルンがいたら倒し、キキルンマインが出ることを天に祈りましょう。当方はトレハンII++効果もあったか50%くらいの確率で出ました。キキルンマインが残りの岩の数(4つ?)手に入ればクリアも同然です。キキルンマインは必ず戦闘状態にしてから使用し、岩を壊しましょう。

■皇国エージェント救出作戦
扉をあけて中に捕虜がいたら終わりという内容。扉の壊し方がポイントです。

当方がやった方法はまず「斧をもった」マムージャを探します。たぶんジョブは獣使い。
このマムージャを扉前までもってきます。その際、回避の高いシーフや忍者が”扉を背にするように”このマムージャのターゲットを確保します。
斧持ちマムージャがWS「アックススロー」を使ってきたらこれを回避してくれることを祈ります(命中率は低そう)。回避できれば斧が扉にあたり扉が1発で壊れます。
中に捕虜がいれば終わりですが、いなければ次の扉にいかなければなりません。その際注意したいのは「アックススロー」を撃ったマムージャはもう斧を持っていない、つまりもう「アックススロー」を撃ってきません。新しい斧持ちマムージャを探してきて、次の扉前で同じように「アックススロー」を待ちましょう。ちなみに当方はシ/戦で「アックススロー」を避けました。

■海猫護送作戦
NPCをいかに上手く操作できるかがカギです。その他のメンバーはカニ・カエル・魚を可能な限りのスピードで殲滅しましょう。最終的にNPCを終点まで運べば成功になります。

NPCの操作方法を解説してみます。
NPCの行動には「進行」「逃走」「停止」があります。延々と「進行」させて目的地に到着すれば終わりなのですが、NPCの視界に敵が現れると「逃走」を開始します。「逃走」は入り口に向かって走り出してしまいますので、NPCの視界に敵のない状態で「進行」させる必要があります。

「逃走」状態になってしまうケースは、敵が視界にはいることと、”近く”にPCがいなくなることです。この”近く”という距離感がやや微妙なので、感覚でつかむようにしましょう。
「進行」状態をキープするのは/followが便利です。NPCとPCの距離はかなり近いのですが、この状態だと何故か「停止」しません。敵が殲滅できて視界にはいらない状況になったら「進行」させましょう。
「進行」を「停止」させる方法はNPCに重なり続ける感じでいけますが、「逃走」を「停止」させるのはNPCの正面よりある程度の距離をとって立ち、そこからNPCにむかって正面から体当たりする感じが一番安定して「停止」させられました。「逃走」を「停止」させられれば「逃走」状態は終わります。
「停止」を「進行」にするのは”ちょっと離れる”必要がありますが、これもちょっと微妙な距離感です。あまり離れすぎると「逃走」状態になってしまいます。

1人が終始「停止」状態をキープして、敵を全滅後一気に「進行」でもいいのかどうかはちょっと判らないです。わたしはこまめに「進行」させました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 24, 2006

アトルガン

カッキーン!
アトルガン、アトルガン!アトルガンガンガガンガン♪

と、いうわけで、寝ても覚めてもアトルガン。な、日々を過ごさせて頂きました。

1.クエスト&ミッション
コンプリートしてないとむずむずする性格なので、お使いクエストもすすんでこなします。とにもかくにもアルザビや、周辺の歩き方、関連が理解できないと何もできないので、覚えるよう、覚えるよう、意識しながら歩きまわってみました。地図クエは当然最優先で既に戦績3枚も含めて実装済は完遂。アルザビ~白門もだいぶ歩けるようになりました(白門は重すぎる)。
ちなみに戦績溜めは監視哨近くはとて~とてとてクラスの獣人がうろうろしているところがあるので、メリポ気分で行くとすぐ溜まりますね。ワープですぐ狩り場にいけるのも素晴らしすぎです。もうウルガラン山脈に用はない!

2.監視哨巡り
まずは「監視哨」って…なんだろ。調べてみました。
監視哨(かんししょう):戦場で、敵の動きを見張るために設けた施設。また、そこで任務につく哨兵。【なるほど。】

5つの監視哨を巡っておくといろいろと便利、というか今後必須なのでとっとと巡ってきました。戦績で取得できる地図があったのでたどり着けたものの、結構延々と歩き回される場所もあったりで結構辛い。何とかコンプリート。

3.やっぱり冒険

Ze01
ワクワクドキドキ、何が出るかな…ってな冒険なんてこの時期にしかできないもの。ゼオルム火山は熱かった!残念ながらケルベロスは海外な方々に倒されてしまっていたのですが(いやー、発売早々から大した行動力です、ホント…)、この奥地はマジですごい。このSSの場所なんてたどり着いて感動しましたね、すごいシチュエーションですわ…。そしてこの先には…

ちなみにというかやっぱりというか…アトルガン発売以降まだ一度もイージスを装備しておりません!(汗)ケルベロスだけじゃなくて、強敵の配置をもっともっと希望であります!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 18, 2006

盾データ検証(4.18)

予告どおりに。

ファイナルファンタジーXI マニアックス ハンターズ・バイブル Ver.20060221の318ページ参照のもと、検証が行われた同条件で(スキル・装備・ステータス・モンスター)、「おなじ強さ(LV75)」に関するC(リッターシルト)・D(畳楯)・E(イージス)の盾データを各1,000、とってみました。結果は以下。

■タイプC 畳楯
盾の発動率:29%
ダメージカット率:81%
被物理ダメージ換算:-24%

■タイプD リッターシルト
盾の発動率:43%
ダメージカット率:62%
被物理ダメージ換算:-27%

■タイプE イージス
盾の発動率:53%
ダメージカット率:76%
被物理ダメージ換算:-41%

今回のバージョンアップ以前のデータとの比較はお任せします。(ファイナルファンタジーXI マニアックス ハンターズ・バイブル Ver.20060221を是非!ご参照ください。)

発動率、カット率ともに明らかに上昇しているといえるのはリッターシルトやケーニヒシールド、パルメリンシールドといったナイトの代表的な盾ともいえるタイプDで、パルメリンシールドに至ってはここからさらに被ダメージ-2%が上乗せさせることを考えるとかなりの高性能盾といえるのではないでしょうか。
タイプCのいわゆる木製系の大型盾は発動率がグンとあがったようです。
畳楯に関してはキラー効果がついているため、それも加味すればなかなかの性能でしょうか。でもナイトならタイプDの騎士系の盾のほうがいいかも…。
イージスはカット率が伸びてこの数字。個人的にはイージスだけは修正されていないのではないかと思っていたんで、この上昇は更なる神の領域に向けて…(゜o゜)

とてとてのLV84検証は1人じゃ出来ないので今のところするつもりはありません。
ファイナルファンタジーXI マニアックス ハンターズ・バイブル Ver.20060221を参照の上、妄想してください!

ちなみに盾スキルを多少上下させて様子もみてみましたが、おなつよ相手ではスキル284やらそれ以上やらと試しても発動率に関しては見違えるような違いが現れるようなことはなく、盾スキル上昇によってカット率があがるということもありませんでした。
このあたりはしっかりとした検証をしてみたい気もしますが、やっぱり強敵相手に盾スキルブーストするほど装備欄に余裕がない、、、といったところでして…。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

April 04, 2006

メンテナンス

[ Cinq Delices(サンクデリス)]
http://garcons.way-nifty.com/

久々にブログのメンテナンスをしてみました。
きっぱりとFFXIに関するブログと割り切りまして、FFXI関連のカテゴリで分けてみました。

[ FFXI ] イージス
[ FFXI ] ナイト
[ FFXI ] バトル

こうやってカテゴリで振り返ると、イージスの記録はちょっぴり懐かしくもあり、達成感が甦ってくるでもあり、感慨深いものがあります。

今後もFFXIのブログとして鋭気更新して参りますので、引き続きご愛読頂けますよう宜しくお願い致します。コメントならびにトラックバックも是非。是非。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

April 03, 2006

[宣伝]FFXIマニアックス-4-

これで最後の宣伝です、失礼します…。
ファイナルファンタジーXI マニアックス ハンターズ・バイブル Ver.20060221。本当に当ブログからもたくさんのご購入ありがとうございます。

先月31日に無事発売となりまして、既にLSでもいくらか話題になっておりました。
データ本としてはかなりのデータ量で、ネット環境の無い人はもちろん、ネットで既に情報は十分という方でも紙媒体という携帯性(持ち歩くにはデカすぎますが…)を加味すると、概ね反応は良好、、なのではないかと思っています。

命中に関する話題、ウルガラン山脈やル・アビタウ神殿といった”メリポ狩り場”のモンスター別必要命中あたりは、この手の攻略本に掲載されるにしては結構濃いデータのレベルではないですかね…。モンスター別に命中装備を変えて…なんていう言い方がサラっとされているあたりフツーじゃありません(笑)
マクロだって何列か使わないといけないし、そもそもそんなに装備持ち歩いたら闇クリ捨てても魔人の角が持てなくなっちゃう!

やっぱり見てもらいたいのは盾。318ページ。
盾には5つのタイプがあることは周知の事実でしたが、タイプ別の発動率ならびにカット率が明記されています。もちろんイージスも。
イージスの性能もさることながら、土杖一辺倒な現状において、被ダメージ-2%がついているパルメリンシールドあたりは実はしっかり優秀であったりする事が判ります。ここに掲載されていない盾スキルと発動率の関係は当ブログで解明していこうかな…。
で、そこに写っているガルカは(略

最後にお願いです。

Hagaki
こちらは添付されているアンケートハガキ。
50円切手の投資をお願いすることにはなってしまうのですが、こちらを是非お答え頂きたいというお願いです。
巷の巷の巷の噂くらいでは、反応次第で”続編”の噂もあるとかないとかあるとか…。こんなデータ調べろ!とか、レリック全種類調べ上げろとか、パレードゴルゲットの取得方法くらい聞いとけとか(笑)もちろんご意見は賛否両論あって大いに結構。ご反応頂けたら幸いです。

以上で宣伝は終わります。次回から通常の更新に。
昨日は「2Hアビはマイティストライク、通常攻撃は追加スタン?」ナ盾じゃキツいという噂のJailer of Hope2連戦こなしてきまして。まぁ~、もちろんナ/戦でチャレンジ、結果はガッチリ2連勝◎
…但し肝心のドロップはとてもとても(´・ω・`)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« March 2006 | Main | May 2006 »