« July 2006 | Main | September 2006 »

August 30, 2006

ファイアボムレット

最近毎日アクセス解析を見るのが楽しくなっておりますが、本当にたくさんのアクセス、ならびにリンク、ありがとうございます。読まれてなんぼの世界ですから、より有益なユーザーニーズにあった情報が流せるよう、もう少し更新頻度をあげてエントリーしていこうと思っています。

7月25日のバージョンアップでたくさんのノートリアスモンスターが配置され、新しいアイテムもいろいろと追加されたなか、非常に高性能な投てきアイテムが追加されました。

■ファイアボムレット
D74 隔192 耐火-6 命中+6 攻+6 追加効果:火ダメージ 戦シ暗忍

魅力は投てき欄で命中が6もあがるというところでしょうか。
特にメリットポイント稼ぎにおいて有効そうなアイテムなのですが、列強な戦士さんの場合なんかは、突き詰めると肉食かつ命中をほぼ満たしている状態という超絶なスタイルがとれるようで、それにはこのアイテムが必須なんだそうです。っと、いうことでハルブーンの奥地に通う日々がスタート。

まず問題なのが道中。
ゼオルム火山からハルブーンを通りつつ、奥地に向かっていくのですが、最後のエリアは視覚見破りのトロールが大量にいるため、少人数での移動は困難を極めます。基本、リレイズ覚悟の移動と思って間違いありません。そんなこんなで「沸かせてヘルプを呼ぶ」という行為も非常に難しいのがこのNMの第一の特徴です。

ハルブーン奥のマップI-8にいる2匹のFriar's Lanternが抽選対象で、強さはつよ~とて。蝉盾で2人もいれば狩れる程度。WS「ヒートウェーブ」のバーンがかなり強烈なので、イレースは必須です。あと結構魔法や歌の耐性が高いです。適当な装備しているとフィナーレとかララバイレジってきます。
このボムは攻撃回数を1回消費する感じで自分の体を大きくするという特徴を持っていますが、デカくなるといろいろとパワーアップしているようで要注意です。
余談ですが、このボムの「バーサク」を「オーラスティール」でぬすむことに成功したとき、メヌメヌバーサクという状態でシーフの攻撃力が936という見たことも無い数値になりました。正面からのダンシングエッジで軽く1200とかいう数値が出ていたので、不意だまアサシンとかのせるとみたこともないダメージが出るかもしれません…結構楽しい(*´Д`*)

さて、お目当てのNM「Big Bomb」ですが、私の経験では最短2時間ちょい、最長で8時間程度で再POPしたのを確認。そこそこ沸きやすい部類のNMだと思います。
特徴としては、スタンが効かないのでガチの場合はファイガIIIと極熱衝がキツイですね。
私もシ詩の2アカでも何度か挑戦しましたが、マンボマンボで耐えぬくも後半のWSラッシュがキツく勝てませんでした。魔法の運も左右するので、こういう無理はオススメできません(´・ω・`)
赤忍さんあたりだとマラソンも視野にいれつつソロで撃破することも可能なようですが、とりあえずは適度な構成で最小3人くらいを推奨。

肝心のドロップ率ですが、ファイアボムレットのドロップ率は結構(かなり?)低いようです。
友人も果敢に挑戦していますが、私は15匹程度でようやく1個ドロップしましたが、そちらも同じくらいやっているようですが、まだ出てないようです(⊃д⊂)ハズレ?のホーラントメイスはかなり出ますが、炎クリのみとか、何もなしとか、フツーにあります。かなりしんどい…。

Fire_bomb
ドロップしたときのSS。篭っておる方はこれでドロップするイメージを(⊃д⊂)

というか、これ間違って投げたら(ry

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 29, 2006

ゴーゴンストーンサンダラー

アラパゴ暗礁域の最奥にひっそりと潜むMedusaに挑戦してきました。

ボスエリアに入るために必要なラミアの牙、骨、爪の3種のカギ。
爪のカギだけが他2エリアとはちょっと様子が違っておりまして、入手にてこずりましたが、いざ、最奥の扉を開けMedusa様とご対面。

今回はナナ白赤詩召 戦モ忍赤白コ 黒黒白詩赤赤 白の19人。
石化技が多いらしい…と、あまり詳細な情報がない中、手探りに戦闘を開始。ちなみに私はサンドマントなるアイテムを持参してみました(攻+5 石化:被物理ダメージ-20%)。石化時に装備変更。

Medusa自体のジョブは狩人、2時間アビはイーグルアイ。
ボス共通の4体の護衛は黒魔道士×2と、たぶんコルセア×2、この黒魔道士の扱いが結構厄介でして、倒しても即POPなのは他と同じなのですが、POP時の敵対心がMedusaと連動しているため、POP即撃ち精霊がナイトに向けて飛んでくる。スタンも効かず、ちょっと危うい場面もありました。

Medusa0828a_1
WS「天の羽羽矢」。そして戦士さんが使っているのは「トゥルーストライク」。実にミラクルなWSデス!?

石化技は「ペトリファクション(単体?)」、「石火矢(前方扇形範囲?)」と、残り体力が少なくなってくると使いだすと思われる「産石のダンス(全方向範囲)」。ただ、「石火矢」以外は視線判定のようで避けることが出来ました。
ちなみに最も恐れていた魅了させる技は一度もきませんでした。もしかしたら魅了はないかもしれません。その他のWSでは「テールスラップ」が結構広い範囲技になっており、結構なダメージを食らうのと追加スタン(蝉有効)、「天の羽羽矢」という技が結構広範囲に向けた痛い範囲技で追加がバインドでした。「シャドウスラスト」っていう技(たぶん単体)もありました。

使ってくるWSがそこまで脅威ではなく、精霊も物理もまずまず通り、削ること約1時間ほど。案外あっさり(?)撃破できました。どっちかっていうと肝は4体の護衛の扱いになるかもしれません。称号「ゴーゴンストーンサンダラー」ゲットです。

Medusa0828b
Medusaの一室でパシャリ。死に際に何やらモノ寂しそうなセリフを残していましたが…

残すところマムージャのみとなりましたが、Medusaに関しては、トロールのGurfurlur the Menacingよりかは遥かに倒しやすいと思いました。
しかし当サーバ、マムージャNMだけ以前一度倒されたっきりまったく沸かないのですよね・・・(ビシージにもいない)。トロールなんかはすぐに沸いているところをみると、何かの不具合発生しているように思えるのですが、、真相はいかに。

というか、Unicornサーバー、今朝方ついに魔笛がもってかれました(汗)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 16, 2006

トロールサブジュゲーター

8月から異動になりまして、職場環境がガラリ一変。
効率よくFFをする時間がとれず、ずいぶんと間があいてしまいました。

さて、久々に。
トロール軍団の本拠地ハルブーンの最奥にいるトロールの王様Gurfurlur the Menacingに挑戦してきました。

0815_toll

初回は探検と情報収集を兼ねての挑戦。1時間40分にわたる死闘を繰り広げるも、残り1割といったところで崩れ敗戦。ナ盾(私)一枚で殴りに殴られた回数1,860回!盾が壊れちゃうヨ(´・ω・`)

翌日、構成と作戦を見直し、18人の討伐隊を結成。
ナナ白赤詩召 戦忍狩白赤コ モ詩白白赤黒といった構成で再挑戦。

初戦で十分手ごたえを感じていたので、案外あっさりいくかとも思いましたが終盤の王様のもがきあがきといったらありません…。終盤限定のウェポンスキル「プレアデスレイ」、効果は簡単にいうと「臭い息」に近いモノですが、これがくるとキツイキツイ。それでも負けじと粘りにねばって、、、なんとかリベンジを果たすことが出来ました。”トロールサブジュゲーター”の称号ゲットです。

相手がモンクタイプということもあり、喰らう盾冥利に尽きる戦闘を楽しませてもらいました。
初戦時の被物理ダメージの平均はフル武王装備とイージス、被物理-15%で57.8、1,860回ぶん殴られて被クリティカルが16回(0.9%)というのが結構すごい。これはメリットポイントの被クリティカル率-4%とセーフティマント(-2%)、ヴァンペンダント(-1%)の合計-7%での数字。

再挑戦時はさらにVITなどを少々あげて被物理ダメージの平均が53.1、フル武王にパルメリンシールド+ジェリーリング装着の相方さんの被物理ダメージの平均は81.0でした。相方さんもメリットポイント+セーフティマントで被クリティカル率-6%だったのですが、私が726回殴られて5回(0.7%)、彼が678回殴られて11回(1.6%)ときっちりと1%の差が結果に反映されていました。
背中はギガントマントという非常に有効な装備があるのですが、今回のトロール王のような手数の多い強敵に対しては、セーフティマントは結構神装備だと思いマス。

ちなみに「プレアデスレイ」の状態異常ですが、新ジョブアビリティ「フィールティ」で毒・病気・マヒ・静寂・暗闇(あとなんかあったっけ?)、とにかくすべての状態異常を喰らいませんでした。
私は、グループ2で取得できる新アビリティは「シバルリー」と「フィールティ」に共に3段階振りました。

新獣人の王様は残すところマムージャとラミア。
アイテムドロップがなく、得られるのは称号と名誉だけというNMですが、手ごたえ抜群!とても楽しいです。
側近を永遠に召還してくる仕様故、ある程度人数がいればゴリ押しが可能な敵だとは思いますが、そこはなんとか称号取得圏内であるフルアライアンス18人での討伐を目指していきたいと思います。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »