« January 2007 | Main | March 2007 »

February 26, 2007

アラパゴ遺構-3-

インビュードのドロップ運に思いっきり左右される難関(というか運頼み)アラパゴ遺構ですが、装備収集目的もかなりの根気がいる模様。
下に1回の潜入例としてNM討伐を目的とした場合の各個NMの討伐方法を参考までに記してみました。1回の潜入で、この4体のNMが全部倒せれば上出来だと思います。

しかしながら目的である35装備のドロップ確率は極めて低いようです。
現状の情報の出方から察するに、5%以下は堅いところでしょうか…。20回通って(スムーズにNM討伐が出来ることも稀なのに)1個出るかでないような確率って!

当方主催のサルベージは15装備と35装備でリーチをかけてから、ボス攻略という予定なので、アラパゴ遺構潜入の際は、しばらくこの4体のNM討伐を延々と繰り返しでがんばる予定です。
すなわち。基本、毎回潜っても何もない…の繰り返しっつーわけデス。ま、装備完成を目指すということはそういうことということで忍耐忍耐…。

[これまでのアラパゴNM成績]
2層中:Qiqirn Astrologer⇒0/2
3層北:Qiqirn Treasure Hunter⇒0/2
4層北:Deviate Bhoot⇒0/1
4層北:Qiqirn Treasure Hunter⇒0/3

---

2層中央部分:Qiqirn Astrologerダイモスキュイラス(アレ胴35)

戦闘開始から60秒でデジョンで逃亡するNMキキルン(allスタン無効)
さほど強くないものの、ここまでに解除できる能力が非常に限られており、特にアビ・魔法は十分な開放出来ていない事のほうが多いため、削りが勝負の分かれ目。
狙い撃ちするならば、2Hアビが有効なジョブのアビ開放を優先して戦うのが良さそうだが、「ぬすむ」でサポ開放のインビュードが盗め、この段階でのサポ開放が極めて重要項目なので、先を見据えた攻略の場合はシーフのアビ開放をしたいのが本音(「ぬすむ」は100%ではないのでシーフのアビ開放でぬすむ装備(武器・頭・首の開放はこの段階出来る可能性があるためAF頭と兎の護符、バーソロミュナイフ)持参推奨)。
キキルンの特性である逃亡動作ももっているものの、それほど遠くまでダッシュしていかないので、十分おいついて再度攻撃を再開することができる。

3層北ルート:Qiqirn Treasure Hunterマッハコート(モリ胴35)

爆弾を落としながら逃げまくるキキルンNM
このNMを倒す場合は、まずは3層スタートから最初の3部屋の掃除し(南北共通か)、最後の大部屋はメロー2体程度討伐した後、おばけは残し、先に進みキキルンNMと戦闘開始。
スリップだけは入れられるだけ入れ、少し減らすと早速逃亡。追いかける時はおばけを残した大部屋はHP黄色に注意しつつオイルスニークで移動。キキルンの逃亡ルートは大部屋を通過し、3層スタート地点まで逃げたら往復する感じ。再度大部屋につく手前くらいで倒せるくらいが理想か。2陣に分けて逃げるルートに待ち構えて叩くという方法も有効のようです。

4層北部屋:Deviate Bhootダイモスマスク(アレ頭35)

名前は同じも、部屋にいる1体だけ一回り大きな青いお化けが対象。
即死技も含め、そこそこ強敵なのでこいつをやる場合はまず時間の許す限り手前にいるギアを殲滅しインビュードを稼いでから挑みたいところ。キノコの落とすステータス開放も出来れば欲しい。
敵として特に特筆すべきことはなし。

4層(南北?);Qiqirn Treasure Hunter⇒ドロップ不明

3層のキキルンとほぼ同等の動きをみせる爆弾キキルン。
逃げる範囲も狭く、邪魔になる敵もいないので、あっさり倒せる特に問題のない敵。
現状装備ドロップは不明ですが、討伐が比較的容易なNMなので、全体としてはかなりの数が倒されていると思われるのですが、情報が出てこないということは…果たして。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2007

盾スキル検証

Shield_aura01

盾スキルをあげるとどうなるのか。

盾の各種強化に伴い、街中でナイト装備を見ていてもアダマン装備や武王、AF2の中にあって足だけ真っ白だったりする人を見かける事が多くなりましたが、いったいホントに盾スキルをあげることでどのくらい意味があるのか…【興味があります】。

かっちりとした検証条件で、かつかなり高レベルの敵で数をこなした検証結果というのが見当たらないので、やろうやろうと思いつつ先延ばしになっていましたが、ようやくデータが揃いました。
影響を与えるであろう条件はすべて整えた状態で、盾スキルの増減のみを意識した検証結果です。結果を見てもデータの精度は結構イイ線いっていると思います。

---
■盾スキル変化による盾の発動率
※アビタウ神殿Aura Statue(LV84限定)で検証。盾はイージス。

スキル322:盾の発動率⇒50%(49.71)
スキル302:盾の発動率⇒45%(45.34)
スキル282:盾の発動率⇒40%(40.06)

(参考)イージスのカット率は76%(カット率はスキル・LV差の影響は受けず固定)
---

ご覧のとおり、LV84相手に、盾スキルを20あげるごとに盾の発動率が5%上昇するという結果になりました。
他の盾では検証していませんが、現状半信半疑な盾スキルに関して、ある程度その役割と度合いが見えてきました。
ちなみに、既報のとおりカット率はイージスで76%で確定です。これはLV差、盾スキルの影響を受けず、私のこれまで行ったすべての検証において同じ数値が出ています。

HNM戦を主体に考えてみると、まず今回検証対象のLV84というのは、LV90クラスといわれる真龍と空のNMを除き、その他ほとんどのHNMのレベルと大差なく(特にアトルガンエリアのHNMはLV自体は低めのようです)、上記の数値とほぼ同等の発動率が出ると考えています。

また、イージスのカット率(76%)から上記の3つの結果を被物理ダメージ換算すると上から-38%、-34%、-31%という数字が出ます。ジェリーリングの被物理ダメージ-5%を作るのに30近い盾スキルブーストがいるということになります。

ただ、ここら現状主流のパラニンにおいては被物理ダメージ換算よりもむしろシールドマスタリーの強化に伴って導入された詠唱中断無効という効果を考える必要があるでしょう。LV84クラスの敵に対し、蝉のない状態で空蝉(壱)を詠唱し、50%の確率で中断されないというのは、盾の耐久力としては素晴らしい性能です。

最後に私的見解。
数値的にはLV84相手に50%という極めて高い発動率には驚きましたが、これまでも何度か見解を書いてきたとおり、スキル322という数値は、メリポに加え、頭6・首7・耳3・背10・足12で私のブースト限界状態であり、ここらの装備部位との取捨選択を考えると、何もブーストしていない状態と発動率にして10%の差が大きいの小さいのかと問われれば、悩みはすれど、正直スキルを重視することは、難しいといわざる終えません。パラニン時の選択肢として一部選べるか否かといったところでしょうか…。

余談。
もしかするとお気づきの方がいるかもしれませんが、スキル282というのは…

Shield_mrp02

こういうことですね(´;ω;`)

※上記の結果の部分(点線で囲った部分)は転載自由とします(改変はダメヨ)。盾に関する情報として参考にしてください。Blog等で参考にしていただける方はトラックバックを是非!

| | Comments (6) | TrackBack (0)

February 14, 2007

アラパゴ遺構-2-

前日に続いて難関「アラパゴ遺構」潜入。
1層は、魔法をドロップするラミアだけをうまく釣りつつ、北西方面のみ殲滅し進行、程よいドロップのおかげで25分程度で1層通過。
2層はワープ先の部屋(北西)を殲滅。2層のクトゥルブは1層より多少武器のドロップがいいのでしょうか?4/6くらい出たかもしれません。扉をあけキキルンに挑戦するもデジョンで逃亡。逃亡前に一応「ぬすむ」でサポ開放ゲット。
結構イイペースで来ていたので、3層は北方面を殲滅してみました。おばけは魔法とVIT、これは黒いおばけも青いおばけも変化なし。すべて倒すも特に変わったこともなし。ワープ前にいるキキルンを倒してAGI・DEXのインビュードを5個ばかしドロップ、「ぬすむ」では胴装備の開放。

Sal_ara004

4層(北)はギアとキノコを殲滅、ここはギアが結構いい確率で15装備を落とします。サポも徐々に開放されて扉NMへ。向って左の扉が「来訪」でモルボル召還、倒すと装備開放3個ドロップ。向って右の扉NMは「来訪」を使ってこないのかな?そのまま倒れていきました。

Sal_ara005

最後、時間ギリギリで4層のキキルンを倒しDEXが3個出たところで終了。こいつも「ぬすむ」は胴装備開放でした。

同時刻に同場所に潜入していたまんだむ君は4層は南をとっていたようで、オボロンなどと戦っていた模様。それにしても各層のキキルンはインビュードアイテムばかりのようですが、超低確率で装備を落とすということなのでしょうか…謎です。

今回は序盤のドロップが良好だったように思いますが、アラパゴの進行自体はだいぶ見えてきました。
もう少しルート、討伐数を絞ればボスエリアにも15分程度残して到達することも出来るかな…といったところ。いずれにしても運も絡むかなり厳しい遺構というのは変わりませんね。

第九回:アラパゴ遺構-2
構成:ナモ白赤黒黒+シ狩戦
目的:NM討伐
結果:
2層Qiqirn Astrologer⇒討伐失敗(デジョン逃亡)
3層Qiqirn Treasure Hunter⇒インビュードのみ
4層Qiqirn Treasure Hunter⇒インビュードのみ
4層Archaic Rampart「来訪」⇒Demonic Rose1体⇒インビュードのみ
4層雑魚(Gear)ドロップ⇒星数鉢巻(薄金頭15)
4層雑魚(Gear)ドロップ⇒ネヴァンスロップス(モリ脚15)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 13, 2007

アラパゴ遺構-1-

アラパゴ遺構は現状最も情報がない遺構で、ボス討伐報告も少なく、NMからのドロップ報告もほぼなし。
序盤のドロップ偏向も大きく、進軍の安定感はでなさそうな難エリアな予感。
キキルンNMがいろいろとキーのようで、当面はここらへんを目的として散策する予定。

1層の鍵は武器・頭を落とすクトゥルブのドロップ率。
ここで武器がタタタっと出ると進軍スピードが加速しますが、このドロップ率が悪い…。
1個でると出ないでは大きく違ってくるので、なるべく早めに出ることを祈るしかありません。

Sal_ara001

2層では前回とったバフラウのカードをトレードしプリンNMを討伐。
薄金銅15、星数の衣を100%ドロップする模様。

Sal_ara002

さらに2層で中央通路にいるQiqirn Astrologerを討伐。
こいつはそこまで激しく逃げず、あまり強くありません。アイテムは落とさず薬品箱をドロップ。

Sal_ara003

あまり時間もなかったのですが、3層北、4層北のQiqirn Treasure Hunterに挑戦。
無茶苦茶に逃げるので、道中の敵にからまれまくって、討伐は出来ませんでした。
今後は定期的にこいつらを討伐に来る予定。

第八回:アラパゴ遺構-1
構成:ナ戦白赤黒黒+シモ
目的:NM討伐とバフラウのカードトレード
結果:
2層Princess Pudding(バフラウのカードトレード)⇒星数の衣(薄金銅15)
2層Qiqirn Astrologer⇒ドロップなし(薬品箱)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 11, 2007

バフラウ遺構-1-

バフラウ遺構は何故だか最も攻略情報(特にボス討伐報告)の多いところですが、1層は結構運の要素もあって、ドロップの悪いと辛いときも。それでも全体としてはバランス良く想定どおりに進めるようで、比較的進軍しやすい遺構のようです。
各層のNMのPOP条件もそこそこ判明しているものの、やっぱりNMの落とすレアドロップ品(主に35装備)の取得難度が非常に高いことをうかがわせ、NMターゲットを絞って通うことになりそうな場所です。

第七回:バフラウ遺構-2
構成:ナモ戦白赤黒
目的:NM討伐
結果:なし!
備考:武器・魔法ドロップ前に壊滅2回。モンクさん死亡かつリレイズない状態に。
どうすることも出来ず脱出。ワンミスが取り返しがつかないのが少人数攻略の痛い最もたるところであると痛感した1回(´・ω・`)少人数攻略は慎重に。

第六回:バフラウ遺構-1
構成:ナモ戦白赤黒
目的:NM討伐+バフラウのカード取得
結果:
雑魚ドロップ⇒星数の手甲(薄金手15)
雑魚ドロップ⇒アヌティアラ(マル頭15)
雑魚ドロップ⇒ネヴァンサボ(モリ足15)
3層Arcaic Gear⇒バフラウのカード
備考:非常に順調な解除も、1層Mad Bomber沸いておらず、2層プリンも南北討伐方法失敗(´・ω・`)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 07, 2007

ゼオルム遺構-1-

ゼオルム遺構は比較的解除が狙って進行できるエリア。特に魔法解除は的確に出来るので多少魔法後衛が多い布陣でも問題ありません。ここもボス狙い、NM狙いでルートがキッパリ別れるので、キッチリと進行していけば案外少人数でもボスエリアに時間を余して到達できるくらいです。
いずれにしても解除を狙い撃ちしての攻略が出来るので、進行の難易度自体は低めかもしれません。

ほとんどの層にPoroggo系NM「Poroggo Madame」が存在するようですが、現状POP条件がほとんど判明していません。通常雑魚も装備品は落とさないので、このエリアの装備品で確定情報があるものは少数です。

第三回:ゼオルム遺構-1
構成:ナモ戦白赤黒
目的:NM討伐+銀海のカード使用
結果:
2層Jakko(銀海のカードトレード)⇒ニョルドジャーキン(スカ胴15)
3層Poroggo Madame⇒ネヴァンカフス(モリ手15)エニュオガントレ(アレ手15)

第四回:ゼオルム遺構-2
構成:ナモ戦白赤黒
目的:ゼオルムのカード取得
結果:
4層Third Rampart⇒ゼオルムのカード
5層Archaic Gear⇒ゼオルムのカード×2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 06, 2007

銀海遺構-1-

銀海遺構はフォモル、インプが中心となるエリア。
これまでの当方入場時の傾向としては魔法解除が3~4、5個は期待値ギリギリという感じで魔法後衛が多いと解除しきれないかもしれません。
NM目的とボス目的でルートが異なり、どちらかに集中することで時間的にはさほど苦労しないエリアです。6人でもボスエリアに悠々と到達できるので、案外少人数でも討伐が可能?

2層にいるインプNM「Dekka」。普通に進行すれば戦えるNMで、3種類のドロップ品を持っている模様。今のところ3戦全てスカディ系両足装備LV15パーツ「ニョルドレデルセン」しか落としておらず、その他の装備のドロップ率は結構低い予感がします…。
3層にはゼオルムのカードをトレードすることで沸くPoroggoNM「Don Poroggo」が装備を落としますが、こいつも確率の低いドロップアイテムが設定されている模様(アレス系両脚装備LV35パーツ「ダイモスクウィス」との報告アリ)。

いずれにせよNMのPOP条件が判明しきっていないため、もう少し攻略が必要なエリアですが、7人程度でのボス攻略もしてみたいと思っています。

第一回:銀海遺構-1
構成:ナモ戦白赤黒
目的:NM討伐
結果:
1層Hammerblow Majanun⇒ドロップなし
2層Dekka⇒ニョルドレデルセン(スカ足15)

第二回:銀海遺構-2
構成:ナモ戦白赤黒
目的:NM討伐+銀海のカード取得
結果:
2層Dekka⇒ニョルドレデルセン(スカ足15)
3層Gyroscopic Gear⇒アヌゲージ(マル手15)
3層Archanic Gear⇒銀海のカード×1

第五回:銀海遺構-3
構成:ナモ戦白赤黒+シ
目的:NM討伐+ゼオルムのカード使用
結果:
2層Dekka⇒ニョルドレデルセン(スカ足15)
3層Don Poroggo(ゼオルムのカードトレード)⇒エニュオプレート(アレ胴15)ネヴァンローブ(モリ胴15)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 05, 2007

サルベージとは。

今、個人的にホットなコンテンツ「サルベージ」。
新しいカテゴリも追加してみましたが、まずは、サルベージについての個人的考察をとうとうと書いてみます。

このサルベージというヤツ…とても厳しいコンテンツです。プレーヤーの大半が所属LSを中心として活動しているこの時期にして、この仕様のコンテンツを実装してくるとはいろいろな意味でニクイ。LSで一声かけて取り組めるようなライトなコンテンツ(代表的なのがアサルト)が好評のなかにあって、あえてここまでどっしり腰をすえた攻略が必要なヘヴィなコンテンツを実装してくるとは。まぁ、その先にある報酬があの性能ですから、生半可な攻略では取得させないというのも判るのですが…。
目的を装備の取得と考えた場合、最終的には踏破できる(しようと考える)人がごく一部にとどまりそうなコンテンツになる予感がしますが、時間的な制約だけは若干ゆるく、占有も複数可能で、入退場時間が自由ではっきりしている点で、導入部分の敷居だけはやや低いです。
しかしながら、デュナミスにおけるAF2の取得やリンバスにおけるオメガ・アルテマの装備を入手するより数段厳しく、計画的な攻略とかなりの根気が必要になります。

まずこのコンテンツの推奨人数に関して、最大18人が入場できるというところに結構重要な罠があります。このコンテンツに18人で取り組むことはオススメできません。18人はおろか12人でも正直多いと感じるほど…。無論、一部のボスは確かに人数が欲しいものもいるようですが、全体としては大人数で良いことはあまりないと思っています。
なんといっても制限を解除するためのアイテムが大人数で入場した際はいきわたらない事が要因で、これまで数回の攻略で感じたのは、遺構によってある程度の差はあるものの中途半端な制限解除状態の12人より、ほぼ解除された6人のほうがトータルでみて行動性能は上では?ということ。これは、純粋な戦力だけでなく、少人数による機動力やコミュニケーションの疎通等を加味した際の感じ、無論ドロップアイテムの競争率は言わずもがなです。

いろいろな情報を見るに、これまでは各遺構のボス討伐を目的とした攻略を進めているところが多いように見受けられますが、完成装備取得に必要な装備のうち、入手が難しいのはボスのドロップする25パーツよりも、むしろ各層にいるNMのレアドロップ品(主に35パーツ)の様相。
当然のことながら1潜入につきワンチャンスしかないNM討伐ですが、その目的のために、その他の目的を犠牲にしつつも(同時にボス討伐などはまず難しい)、このレアドロップの確率がかなり低い模様。つまりターゲットを絞ってそのNM討伐(だけ)を目的として何度も通うという事が実際必要になってきます。その都度全員が100分拘束+アサルト戦績2000消費…これは代償として決して安くありません。

と、いうことで。とにかく厳しい厳しい新コンテンツ「サルベージ」なわけですが、それでも装備が欲しい!アルザビウーツ鋼だってダース揃えた!仕様に疑問符をつけていても始まらない!ってことで、私なりのサルベージ攻略を始めてみることにしました。
しかしながらまったくの手探り状態にて、現状主催スキルもままならず、かなり限定的な状態で始動せざる終えず、これもまたなかなか厳しい…。それでもかれこれ5回の潜入で少しづつですが兆しが見えてきた気も…。
そのうち情報が出揃って、進行も確立してくればもう少し緩いカタチでも攻略が出来るようにはなるとは思いますが、現状既に入場している人も減りつつあるような状態に、私達なりに何か情報提供できるような攻略が出来ればと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2007 | Main | March 2007 »